インターンシップと学生とのつながり

cropped-jinji1.jpg

企業でのインターンシップ

ここ数年の採用の現場のトレンドとして「インターンシップの導入」というものがあります。
インターンシップとは、正式に採用をする前に学生など就職希望者を対象として行われる訓練のようなものであり、希望者は実際に企業内部でその業務を手伝うことになります。

インターンシップのよいところは、学生にとっては就職をする前にその企業内部の業務内容や雰囲気をつかむことができるということであり、複数の企業の内部を比較することで自分の適性や希望をはっきりさせていくことができます。
反対に企業側にとっても就職を希望する学生から自社に適した仕事をしてくれる人を見極めることができ、面接やエントリーシートだけではわからないような個人の適性を判断することができます。
ですがインターンシップを希望する学生を数人みていくと、必ずしもその趣旨を理解して参加しているわけではない人もいるように見受けられます。

今どきの学生さんというのは、携帯やスマホを小さなときから頻繁に使って友人の輪を広げているせいか、大変コミュニケーション能力が高い人が多いように感じます。
年配の方の中には若い世代のマナーについて文句をいう人もいますが、就職を決めるという場面においてはそこにいる学生さんたちは一様におとなしく、大変明るく話もしやすいという人が多数です。

このことは以前から気がついてはいたのですが、インターンシップに参加する学生の場合それがより顕著であることが最近になってわかってきました。
というのは、実際にインターンシップに参加する学生さんたちの意見をいくつか聞く機会があったときに、どうしてインターンシップをすることにしたかという質問に対して「人事担当の人と仲良くなることができる。人事とつながりがもてる」といったことを堂々と挙げる人がいたからです。

なれあいが趣旨ではない

確かに面接のための短い時間ではなく、仕事を通じた学生さんとのつながりをもてるということは人事としてはありがたいことです。
ですが勘違いをしてもらいたくないのが、それはあくまでもその希望者の適性を見極めるためです。
学生さんの中には人事の人と個人的に仲良くなれば就職のためのエントリーをしたときに自分のことを優先的に扱ってくれるだろうという期待をしている人もいるようですが、それは残念ですが少し趣旨が違っています。
友人としてはよい人でも一緒に仕事をするのはちょっと、という人もいるものです。

インターンシップでは、厳しい目でお互いの適性をみていきたいものです。