1. >>
  2. >>
  3. 面接とネクタイの色について

面接とネクタイの色について

面接時の服装でする自己主張について

いまどきの面接のマニュアルでは、
面接時に着用をするスーツの形や色についてまでかなり細かく説明されていることもよくあります。

私が人事の仕事を始めたばかりのときには、
特に男性が着用してくるネクタイの柄や色について気にすることもなかったのですが、
あるとき新卒の面接を行った時非常に珍しい柄のネクタイをしてきた人がいたことからちょっと興味を持つようになりました。

今考えるとそのときの学生さんのネクタイは他の人とは少し違った個性を見せたいと
思ってのことだったのではないかと思いますが、
就職活動における自己主張にファッションを使うというのはなかなか度胸が座っていますね。

リクルートスーツの場合、黒または紺色であることが普通でそれ以外のスーツは基本的にはNGです。
中途採用の場合などは自分のキャリアを示すためにあえてハデなものを選ぶ人もいますが、
新卒の場合には「これからこの企業の色に染まります」という謙虚な姿勢を示すために、
個性を感じさせない色や形のものを選ぶのが常識となっています。

女性の場合は胸元にスカーフがあってもなくても特に気にすることはないのですが、
男性の場合はスーツではどうしてもネクタイは必須です。

ネクタイの色や柄はかなり幅広く種類があり、
どのような形状のものをどう結ぶかによって印象は変わってきます。

選び方としては、おとなしめの青系でまとめると無難にまとまりますが、
スーツの色が地味なのであまり暗い色でまとめてしまうと顔色が悪くなり、
元気さが足りないというふうに思われてしまうこともあります。

そこで人気が高くなっているのが、赤系や黄色系のネクタイで、
ストライプやドット柄、チェックなどよくある柄にすると新人らしい初々しさを出すことができます。

紺色と黄色系は相性もよいので、特に色が嫌いということでなければ黄色味のかかったものが人気ですね。

無地のものもよいのですが、
これも黒っぽい色を選ぶとまるで喪服のようになってしまうのでむしろまとめかたは難しいと言えます。

面接官によって反応は様々

そんなことを考えていたのですが他の人事担当の方にネクタイを気にするかどうかを尋ねてみたところ
「気にしたこともない」というような無下な返事をもらったりしました。

確かに女性ならともかく、
同性の若い男性がどんなネクタイをつけているかについて
細かく気にする人事担当者もそんなにいないのかもしれません。

ネクタイで採用が決まるということはないかもしれません。